赤い稲妻の8の字練習帳

スーパースポーツのライディングテクニック(峠やサーキットでの練習とか8の字練習とか)を磨くことで,安全運転を目指してます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。kyokiです。
いろいろご心配をおかけしてますが,先日の転倒後の身体の様子は特に変化がなく,無事に生きてます(^^;
あの後,何はともあれ,R1000の修理見積りをとるべく,SBS系のバイク屋を捜索。
あまり遠くないところなら,自走で持って行けそうだし(あの状態でもエンジンはかかったし,大きい荷重をかけなければいきなりフレームが破断はしなさそうなので)と考えたわけです。
まあ,トランポもないし,修理するかどうかもわからないのに,引き上げをお願いするのも気が引けるという思いもあったりします。。。

いやはや,ネット社会はすばらしい。検索することモノの数分で,近所にSBSがあることを発見!
それもどうやらフレーム修正などはお手の物という感じの名店?の雰囲気。

しかしながら,ここからが長かった。といっても2週間くらいなんですが,仕事が忙しくて時間が取れなかったり,出かけようと思うと雨に見舞われたりして,なかなかバイク屋さんに行くことができませんでした(ToT)

そして,一日千秋の思いで,天気のいいお休みの日に辿りつき,ようやく持ち込むことができました。
ざっと見てもらった雰囲気では,

・穴あきフレームは,溶接等で修理できそう。
→ フロント周り(特に溶接部)に損傷がなければ,フレームが真っ二つになることはなく,修理は可能とのこと。
・ヨシムラのマフラーは修理できるけど,高くつきそう。

という感触。

検査入院となったR1000は,早ければ来週中に治療にかかる費用がわかりそうです。

あと,このお店に行ったときにたまたまSUZUKIの営業の方がいて,僕のR1000がK9とわかると,

「これってリコール対象になっているのって知ってますか?」

と衝撃の情報が!
聞いた話ですと,サイドスタンドのスイッチが走行中に外れる可能性があり,そうなると急にエンストとなり危険である,と。
僕の場合,中古車として購入してたんですが,もとはMotoMapからの正規輸入だったので,ちゃんと?オーナー登録していれば情報は通知される仕組みになっているそうです。
とはいうものの並行輸入ものもあったりして,なかなかリコール回収が難しいとの話もされていました。
結局,見積りをとる間にリコール修理はしてもらうことに。
逆輸入車って,そういうサポートってしてもらえないものと思っていたので,ありがたい限りです(-人-)

というわけで,復帰に向けて,ちょっとずつ動き始めました。

最後に,前回のエントリ以来,メールやコメントなどで心配やら励ましの連絡をいただきました。
ありがとうございますm(_ _)m

それでは,夜も遅くなったので,ここらでお開きにしたいと思います。
ではでは,みなさんの無事故無検挙で楽しいバイクを祈りつつ。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。