赤い稲妻の8の字練習帳

スーパースポーツのライディングテクニック(峠やサーキットでの練習とか8の字練習とか)を磨くことで,安全運転を目指してます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんみ。kyokiです。
ブログの管理が若干(いや,かなり)おそろかになっております。
いろいろ言い訳はあるのですが,総じて気合いが足りないというところです。すみません。
さて,今回は用品-KUSHITANI製レーシンググローブ(K-5162 GPR 6-1.0)-のお話。

クシタニグローブ01 クシタニグローブ02


導入そのものは今年の5月頃で,サーキット走行やらツーリングやらで数回ほど使ったところでの感想などをお伝えしたいと思います。

今まで使っていたのはRSタイチ製GP-WRXでした。使用期間は,だいたい3年ちょっとくらいでしょうか。
最終的には指先(左手人差し指)の部分に穴が開いてしまい,買い替えを検討し始めました。
寿命が短かったかなぁと思ったのですが,振り返ってみれば,雨天時も使用した挙句にオイル等を用いた手入れを怠っていたわけで,それにしては長持ちしたとも言えるのかもしれません。

で,インプレッションを書き出す前に,クシタニグローブと比較したものを簡単に紹介したいと思います。

まず比較対象にしたものですが,個人的なデザインの好みと品質の安定感(今までの使用実績からの経験程度ですが)とで,タイチとクシタニを対象にしました(^^;

【比較対象】
 ・クシタニ K-5162 GPR6-1.0
 ・タイチ GP-EVO
 ・タイチ GP-WRX

サイズはLがちょうど良さそう。Mは入るけどちょっとキツイ感じ。
ちなみに当方の手のひらのサイズですが,手のひらの下から中指の先までが17cmで手のひら周りが21cmです。

お値段は,ライ○ランドと通販とではやはり通販が安いという価格調査結果となり,クシタニが2万2千円そこそこで購入できることが判明し,タイチよりも若干高かったんですが,品質に期待してクシタニに決定しました。

で,使用した感想ですが,やはり革のやわらかさが以前に使っていたタイチと大違い!
しっくりくるので,ブレーキやクラッチの操作性も非常に良いです。
トミンでの使用も春・夏・秋と使って,発汗などで感触が悪くなることもありませんでした。
ただ,柔らかいが故に,耐用年数が短そうな気がして心配ですが。ここらへんは使ってみないとわからないとこですかね。


本日はこれにて終了です。
ではでは,無事故無検挙で楽しいバイクライフを!
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。