赤い稲妻の8の字練習帳

スーパースポーツのライディングテクニック(峠やサーキットでの練習とか8の字練習とか)を磨くことで,安全運転を目指してます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は,CBR1000RRに乗った頃から,行こう行こうと思いつつもなかなか踏み出せなかった,

サーキット走行会の話です。

サーキットというと,すんげぇ速い人がいて,自分みたいなレベルで走ると走行会とはいえ周囲から怒られるのではないかと心配したのですが,HPでの宣伝ではサーキットデビューにはうってつけという謳い文句があることから,僕が信奉するキャプテン竹田津さんの言葉を信じて申し込みをしました。
行き先は,昨年出来たばかりの

「袖ヶ浦フォレストレースウェイ」です。
http://www.sodegaura-forest-raceway.com/

その走行会イベントは,やっぱりと言われそうですが,バイク雑誌のRIDERS CLUBが主催するものです。
サーキットを走ることができるイベントは多々ありますが,決め手としては以下のようなポイントでした。

・過去のイベントレポートや動画を見る限り,比較的大人(いや,おじさん?)な方々が多い感じ。
← 自分が行っても,あまり浮かないで済みそう。紹介動画は,http://www.sideriver.com/cms/motorcycle/movie/moto_ktm205 
にあり,実は僕がちょこっとだけ映ってたりします

・自己申告制だけど,レベルを分けて走行が行われる。
← 初心者のピンク,ビギナーのグリーン,経験者のブルー,エキスパートのレッドがあり,もちろん僕はピンク。
・プロカメラマンにより撮影された写真が後で購入できる。
← へたくそ加減も含めて,自分の走った姿がちゃんと見れそう。

で,行くことを決心したまではいいのですが,次に悩んだのが日取りと場所。
実は,このRIDERS CLUBの走行会イベントは,「袖ヶ浦フォレストレースウェイ」の他に「ツインリンクもてぎ」「筑波サーキット」「岡山国際サーキット」が開催されることになっていました。
僕の居住地を考えると,岡山はあまりに遠いので選択肢から外れるとして,他の3つの候補からどれにしようか悩むわけです。
結局,

・開催時期が梅雨どきや台風シーズンから外れていること。
← せっかく行くのだから,なるべく雨を避けたい ちなみに僕が行った時期は,4月です。
・車両の排気音規制の関係でノーマルでの参加が基本であること。
← カリカリにチューンされたマシンと混走しないで済みそう。

ということを理由(言い訳?)にして,”袖ヶ浦”に決定しました。
加えて,一人で行くのも寂しいので,会社のスーパースポーツ乗りに声をかけて,後輩を1名ほど確保して一緒に申し込むこととして,

「できれば写真を撮ってくれる人がいてくれるといいなー。千葉まで1泊ツーリングのつもりで来ればサーキットの雰囲気も楽しめて一石二鳥ですよ!」

といった強引な誘い文句で別の後輩1名&先輩1名もサーキットに呼ぶことにしました。
で,コースの全景は,こんな感じです。
100717_01_コース概要図_袖ヶ浦

全長が2.4kmと,もてぎの半分くらいですがコース幅が広くて全体が大きく見えます。
で,バックストレートは,

100717_02_ライパ_18改
という感じで,新しいということもあり大変きれいなコースです。

【受付(車両準備)とミーティング】
初めての参加なので,少々早めにつくように移動。(早朝移動で疲れるともったいないので,富津あたりで前日泊してました)
さっそく受付をして,ゼッケンやら注意事項やら昼食券やらを受け取ります。
次に,転倒時に破片などが散逸するのを防ぐためにヘッドライト・ミラー・テールレンズ・ウィンカーをガムテープで覆います。僕の場合は,バイクが白なので,白のテープでコーディネイト

100717_03_ライパ_03_1

事務局も気を使っているのか,さまざまな色のテープを用意してくれていて,変な配色になる心配がありません。
準備関係が終わると,ミーティングということで,スタッフの紹介をするとともにサーキットを走るための基本的なルールを説明してくれます。
最後に注意事項などを話してくれるのですが,その中でも最も印象に残ったのが,編集長のネモケンこと根本健さんの言葉。

『お,今日は乗れてる。と思うときが一番危ない時期であり,自失の状態です。こういう状態の先で転倒することが多々あります』
← 峠とか走るときに,たまに陥る精神状態なだけに,確かに!と頷いてしまいました。
『今日で終わってしまうような限界の走りはしない。”うまくいかなかったなぁ”とか思う程度が,次を楽しむきっかけとなり,バイクの趣味が長続きする秘訣です』
← そうなんですよねー。頑張って走るあまり,陥りやすい状況なだけに,変に納得しちゃいました。

【走行】
そして,いよいよサーキット走行です!
走行枠は,1クラスあたり概ね15分程度(4クラスに分かれるので,1セットで1時間程度)で午前中に2本,午後に3本くらい走れました。走った様子は,こんな感じです。(かなり小さく写ってますが

100717_05_ライパ_06 100717_04_ライパ_05

これは,パドックの裏側から見えるコーナーで,で囲んであるのが僕です。
新しいサーキットだからなのか,OEMのブリジストンのBT-016Rがいい仕事をするせいか,路面へのタイヤの食いつきが非常によく,タイヤが張り付いているような感触でした
サーキットでの追い越しに不慣れなせいもあり,あまりパッシングがうまくいきませんでしたが,それでもあまり前後でつまるようなことなく,サーキットを楽しむことができました。
追い越しするどころか,抜かれる場面も多々あったのですが,もっとも驚いたのがタンデムで走っているネモケンさん(確か,BMW1200RTだったかと)に「すぱーんっ」と抜かれた挙句,そのあと一向に追いつけないということがありました。自分自身の修行が足りないせいもあるのですが,

『すげぇ』

の一言につきます。

また,自分的にはけっこうバイクをバンクさせていて「膝すっちゃうかも!?」と思っていましたが,あとで写真を見る限りでは,350ml缶一つ分くらいは路面との隙間がありました・・・。
いずれにしても,峠と違って,対向車などを心配することなく,コーナーを走り抜けられるというのは非常に楽しい!
最高速としては,バックストレートで140~160km/hくらいまで出したかと思います。最終コーナーへのアプローチでスピードを乗せることや第一コーナーに飛び込むときのブレーキングなどが丁寧にできれば,もっとスピードは出せそうな感じがしました。

とは言うものの,レイアウトとしてゆるい高速コーナーのあとに低速コーナが配置されているので,調子に乗ってスピードを出すと減速しきれずにコースアウトしそうな感じです。
ちなみに,現状のグラベル(コース外の草が生えているところ)は粘土質の土があるらしく,つっこむともんどりうって大変なことになるので,滑ってコースアウトする方が被害が少ないですよ,との事務局からの注意喚起がありました。
(コースアウトしないのが一番なんですけどね)

【昼食】
この走行会では,昼食付きとなっているのですが,正直あまり期待してませんでした。
しかーしっ! ビュッフェ形式で提供される昼食は,思いのほかおいしくて,びっくり
食べ物を妥協しないところは,ただバイクに乗るだけじゃないよ,と主張しているようで,大人のイベントなんだなーと感心。
(写真を撮りそびれており,申し訳ないです(泣き))
同行者の方も,申し込んでおけば同じ昼食が食べられるので,おすすめですよ!

【イベント】
今回の走行会の中で,楽しませてもらったイベントがBMWの試乗会です。
まだ,市中に出回り始めたばかりの

BMW S1000RR 100717_06_ライパ_26改

が試乗車で出ていました。
さっそく乗ってみたのですが,借りもののマシンで目一杯走るというような芸当ができず,性能の片りんを覗いた程度で終わっちゃいました

100717_07_ライパ_10改

その程度でも,スーパースポーツにしてはとっつきやすい部類ではないかと思いました。
個人的には,コーナに入るときの倒しこみが重く感じられたので,僕の乗り方には合わないのかもしれません。
別な見方をすれば,挙動が穏やかなので,落ち着いて乗れるということかもしれませんね。
ポジションは,それなりに前傾姿勢となるのですが,窮屈な感じはなかったです。(ちなみに僕は身長170cm,体重58kg)

【結論】
峠もいいけど,サーキットも楽しい!
自分の性分としては,レースに出たりするのはパスなのですが,自分のライテク向上には努力していきたいので,今後もタイミングや家族のご機嫌を踏まえて,ライディング・パーティーに参加したいと思います。

以上で,今回のお話は終了です。
次回は,当初設定していた話題の最終話,第六話「膝すれた?」です。
以前にご紹介している,8の字練習を繰り返して,膝すりに至った様子をお伝えしたいと思います。
では,みなさん無事故無検挙でバイクライフを楽しみましょう!


にほんブログ村 バイクブログ ライディングテクニック・スクールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://crimsonlightning8.blog130.fc2.com/tb.php/11-b4a25da3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。