赤い稲妻の8の字練習帳

スーパースポーツのライディングテクニック(峠やサーキットでの練習とか8の字練習とか)を磨くことで,安全運転を目指してます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。kyokiです。気がつけば,最後に更新したのは2カ月以上も前でした
ようやく猛暑がテレビの話題を席巻しなくなった今日この頃ですが,みなさんバイクに乗ってますでしょうか?
すみません・・・僕は,ほとんど乗ってませんでした(--;
朝練と称して,日の出くらいに乗り出したりしますが,7時くらいには革ツナギがサウナスーツと化し,やむなく?帰還するということを繰り返してました(ToT)
「これでは,バイクに乗る機会が減って,ただでさえ上達が遅いのにライテクが退化してしまうのでは?」と危機感を覚え,暑い中でも走る気になるように,
HYODOの涼しくなるロングTシャツ&タイチのクールライドタイツ
を購入しました!
確かに,走っている間はけっこう涼し~いのですが,日差しが厳しいと,止まれば暑い
乗ってる間だけでも涼しいのはありがたいけどね。

さて,前置きが長くなってしまいました。
タイトルに挙げたように,以前に行ってきた1泊2日の奥蓼科温泉ツーリングに行ったときのライテク練習成果の検証状況を報告したいと思います。

今回のツーリングは,大学時代からの友人(N氏)とその友人の会社の同期の方々と一緒に行ってきました。
で,そのルートですが,だいたい以下のような感じです;

【1日目】
高坂S.A.で集合~(関越道,上信越道,長野道)~更埴I.C.~県道12号~R254~県道62号~ビーナスライン~R152~奥蓼科温泉

【2日目】
奥蓼科温泉~R299~県道45号~R254~下仁田I.C.~(上信越道,関越道,北関東道,東北道,常磐道)~福島方面

参加メンバー車種は,XL700V,CBR954RR(929だったかな),CBR600RR,フォルツァZ,GSX-R1000でした。
車種的には,雑多な感じですが,集まったライダーがかなり乗り込んでいる方々なので,パワー差が出てしまう高速以外のルートでは特にバラけることなく走ることができました。

でもって,峠を走った状況ですが,今回のツーリングでの課題は「コーナリング中からアクセルを開けていく」ことと「コーナー奥への目線送り」を設定。
以前のツーリングでもそうですが,いまだに

”安心してコーナリングできていない”=”安定したコーナリングとなっていない”

ということがあるような気がしてならないため,”安定した”を体感するための課題設定です。

今回の峠は,高速コーナよりも中低速のコーナが多い感じで,このような課題を確認するには良かったのですが,下記の条件に合うときだけ体感できてました。

・見通しが良い,周り込むようなコーナ ← 安心してアクセルを開けやすい(当たり前か)
・先行車がいる ← 目標物があるので目線を送りやすい

ま,逆にしてみれば,それ以外の条件だと”安定したコーナリング”になっていないということになってるわけです。
つまり,安定しない場合はどうなっているかと言うと,

(安心して)イン側に荷重を掛けきれていない

が主な要因になっていると思っています。もちろん,他にもいろいろ要因はあると思いますが,目線送りもうまくいっていないことも関連していると考えています。
今一度ホームコースで練習をしなくちゃならんなーと思った次第です。
ちなみに,今回のツーリングでも,友人が後方から動画を撮ってくれていたので,後日確認したいと思っています。

さて,検証状況に関連して,GSX-R1000(K9)について峠で感じたものを少々ご報告。
以前に乗っていたのが,オーリンズのリアサスを導入したCBR1000RR(04)だったせいもあるのか,路面ギャップの影響が大きい気がします(リアの跳ね上がりというか,安定感の無さという感じでしょうか)。
サスペンションの調整でどうにかしたいところですが,じつは2回ほどセッティングを変えて試してみているのですが,どうにも挙動が荒い感じです。

  初回は,某RIDERS CLUBのカスタム研究所のサスペンションの部分の記事を参考に”SSは減衰力を最弱”を参考に実施。
  【セッティング内容】
   Front伸び側減衰力-標準からソフト側へ1回転
   Rear伸び側減衰力-標準からソフト側へ0.75回転
   Rear圧縮側減衰力-標準からソフト側へ1回転(高速側),標準からソフト側へ1回転(低速側)


  2回目は,僕が良く見に行くブログの人が良かったと言っていたセッティングを実施。これは,ほぼノーマルだけど,少しだけ減衰力を弱めるパターン。
  【セッティング内容】
   Front(伸び側減衰力)-最強から3・1/2回転戻し
   Front(圧側減衰力)-最強から4・1/2回転戻し
   Rear(圧側減衰力)-高速・低速側ともに標準

こんなもんか,と納得するものなのか,やはりリプレイスサスの導入を考えるべきか悩ましいところです。
ちなみに1回目の調整後の感想は,8の字練習はしやすくなったものの,跳ねが大きい感触があったため,やめました。2回目の調整後の感想は,跳ねはおさまっていく方向になり,コーナリング中などアクセルを開けやすくなった感触が得られています。ただ,若干踏ん張りが足りなくなっているような気がしなくもないです。
(これについては,リアブレーキを練習することで解消する方向にあります)

さてさて,今晩も遅くなりました。このあたりで終わりにしようと思います。
次回は,ちょっと練習に行くのにちょうどいい?場所についてのお話です。最近仕入れたライテク情報も含めてご紹介できればと思います。
あと,そろそろ交通安全運動の期間に突入します。運動期間中も要注意ですが,期間明けも捕まり易いので要注意ですよ!
ではでは,みなさん無事故無検挙で楽しいバイクライフを!


にほんブログ村 バイクブログ ライディングテクニック・スクールへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://crimsonlightning8.blog130.fc2.com/tb.php/13-9ccdcdeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。