赤い稲妻の8の字練習帳

スーパースポーツのライディングテクニック(峠やサーキットでの練習とか8の字練習とか)を磨くことで,安全運転を目指してます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。kyokiです。
全国交通安全運動週間が終わりましたが,みなさん無事に乗り越えられましたでしょうか?
僕の方は,どうにか無事に乗り越えられました。
この交通安全運動週間終了後は,意外と捕まりやすい危険な時期だそうなので,注意しましょう
さて,僕が朝練をしているのは,家から60~70kmほど離れた峠10kmほど先にある駐車場なのですが,いかんせん前者は現地に行くのに1時間弱かかるし,後者は8の字練習限定でした。
そのため,朝起きてから空を見上げて「じゃ,ちょっと行ってくるか」くらいの近場での練習場が欲しくなり,探しました。
Googleアースを駆使して
また,RIDERS CLUBのライテク本をベースに練習してきたのですが,もう少しライテク向上のヒントが欲しくなり,いろいろと他のライテク本を見てきて,気になる1冊を入手しました。(昨年くらいから気になっていたのですが,そのときはまだ必要性を感じていなかったので,購入するには至ってませんでした)

というわけで,今回は新しい練習場のお話と最近入手したライテクの本の感想をお伝えしたいと思います。
新しい練習場を探すにあたり,留意したポイントは,

・周辺に民家がほとんどないこと
← 早朝とは言えバイクで走りまわった挙句,通報されるのはよろしくないので。

・主要な生活道路や幹線道路ではないこと
← 使い勝手のいい道だと早朝でもそれなりに交通量があるので。

・交差点がないこと
← 脇から何かが出てくるかもしれないと思うと練習に集中できないので。

・家から20分以内で行けるところ
← 早朝の1時間程度を活用できるレベルにしたかったので。

といったところでした。
ここで,Googleアースの登場
航空写真の状態で,いい感じにワインディングになっている道路を見つけては,拡大したりして上記の留意点を満足するか確認をすることで見つけたのが,以下の地図。(あからさまにポイントが特定されちゃうとよろしくないと思うので,周辺情報を若干?マスキングしてます)

裏山練習場(地図)      裏山練習場(写真)
(赤い点~赤い点が練習区間です;クリックすると大きい画像になります)

地図の方を見てもらえば分かるかと思いますが,赤い点から赤い点までの約3kmほどの区間が新しい練習場所です。
雰囲気は航空写真の方で雰囲気はわかりますかねぇ?
コーナーの数は9つで,中高速コーナーとなっており,回り込むようなコーナー(旋回時間の長いコーナー)はないので,膝スリ練習には不向きではないかと思っています。
(家からちょっと離れた峠の方だと,旋回時間が比較的長いコーナーがあるんですがね)
一方,中高速コーナーが続くということは,逆にアクセルを開けていく練習に向いているので,これはこれで有用じゃないかと思っております。

さて,現場検証ですが,今までに早朝に数回ほど練習に行ってきて,近所のホームコースとしてはちょうど良いことがわかりました。距離が3km程度で,コーナーの数も適当(前述の峠では,コーナーの数は7つで片道2.4kmくらい)
正確にタイムを計測しているわけではないのですが,だいたい2~2分半くらいで走り抜けている感じです。
コーナリングの組み立てが影響していると思うのですが,南側(地図の下側)から北側(地図の上側)に抜けるときよりも北側から南側に抜ける方が速い感じです。
このとき,後述する新しいライテク本のヒントを受けて,リアブレーキを用いた姿勢制御に取り組んだのですが,以前よりもコーナアプローチに自由度が出てきた感触がありました。このおかげで,コーナ中からのアクセルオンを試せるようになりました。
ただ残念なことに,アプローチ時のブレーキングを意識しすぎると,コーナリング中のアクセルがパーシャルになってしまう症状が出てきてしまいました。
今後は,ブレーキングとアクセルワークを全体でつながるように操作できるよう練習していきたいと考えています。

そうそう,ちょっとは気にかけているサスセッティングですが,新しい練習場での挙動は,一部のコーナー(上記の地図で北から南に行くときの6つ目)からの立ち上がり時にリアがふらつくことがありました。
原因としては,サスというよりも姿勢制御の甘さか荷重のかけかたの甘さが出ている可能性があるので,もう少し走り込んでみて対応を考えたいですね。

話は変わって,新しいライテク本の話。
今回購入したのは,
「八代俊二 スポーツ・ライディング 秘伝ノ書」
です。

八代俊二 スポーツライディング 秘伝ノ書 (Motor Magazine Mook)八代俊二 スポーツライディング 秘伝ノ書 (Motor Magazine Mook)
(2009/07/17)
八代 俊二

商品詳細を見る


”秘伝ノ書”なんているタイトルに少々(いや,かなり?)恥ずかしさを感じましたが,表紙がR1000(K9)であったことと,K9を始めとしたスーパースポーツ(SS)を用いた連続写真つきで説明があることから購入を決めました
内容は,SSだけでなく,ネイキッドやスクーター向けのライテクの収録されており,盛りだくさんの印象です。
さて,SS向けの記事ですが,具体的な操作方法や練習方法が記載されており,実践しやすい内容だと思います。
文章の説明が多いので,これを長いと感じて読みにくいと思うかどうかは,読み手次第でしょうか。(僕は,比較的とっつきやすかったと思っています)
そして,この中のうち,リアブレーキを用いた姿勢制御は簡単に実践できて,効果をすぐに感じることができました。
荷重の掛け方については,RIDERS CLUBのライテク本と細かいところで違うものとなっており,今後は双方を試しながら,自分にあった(心理的に怖くない方の)ライテクを身につけていきたいところです。

本日は,これにて終了です。
次回は,新潟方面に行ったツーリングあたりの話をご紹介したいと思います。
ではでは,みなさん無事故無検挙で楽しいバイクライフを!


にほんブログ村 バイクブログ ライディングテクニック・スクールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://crimsonlightning8.blog130.fc2.com/tb.php/14-c8947788
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。