赤い稲妻の8の字練習帳

スーパースポーツのライディングテクニック(峠やサーキットでの練習とか8の字練習とか)を磨くことで,安全運転を目指してます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。kyokiです。
先日は,練習の近況とともにサスペンション調整の話をしましたが,本日はタイヤの空気圧の話。
みなさんは,空気圧設定ってどうしてますか?
取扱説明書通りですか? ちょっと抜き気味にしてますか? また,天候などの環境条件を考慮して細かな設定変更をしてますでしょうか?

僕のお試し状況をご紹介して,これを見ている人の参考になればなぁと思っています。

バイクに乗り始めた頃(20年くらい前になりますが・・・)は,メーカーの指定値で空気圧を管理してました。
ライテクを一生懸命磨こうと思い始めた2004年頃(CBR1000RRに乗り始めた頃)からタイヤ選びを考えるようになり,合わせて空気圧ってどうするもんだろう?と考え始めた次第です

このブログを見る人だと知っている方も多いかもしれませんが,最近のリッターマシンの逆輸入車なんぞは,海外での2人乗りでの高速移動も考慮していることから空気圧設定が高めとなっており,一人で乗るなら空気圧は少しは抜いた方がいいという話があります。
確かに,僕のGSX-R1000の空気圧設定は,1人乗りも2人乗りも同じ設定(Front 2.5kg/cm^2,Rear 2.9kg/cm^2)だったりします。

1人乗りと2人乗りでは,下手したら数十kgも違うのに,空気圧に差があってもいいんじゃないの?

と感じます。
タイヤメーカやバイクメーカの方にこの設定の本当の根拠(設計時の条件?)を聞いてみたいとこです。

そんなことを感じていることもあり,雑誌の情報やお世話になってるバイク屋の話を聞いて試してきたのが,空気圧ちょい抜きです。
今までの経験から言うと,CBR1000RRミシュランのPilot Power 2CTの組み合わせのときは,

指定の空気圧から0.2kg/cm^2抜いて走る

のがタイヤのつぶれ感を感じつつ,楽に倒しこみができたように思います。
このときは伊豆スカイラインなどの峠で端っこの方までタイヤを使えてました。(端部まで5mm~1cmくらい?)

で,最近の状況ですが,タイヤをOEMから変えていることもあり,なんかうまくつかみ切れてないです。
GSX-R1000&ミシュランのPowerPureの組み合わせで,バイク屋の推奨で0.5kg/cm^2くらい抜いた状態で走っていたのですが,なんかこう緩さを感じることがあり,しっくりきません。
現在は,CBRの頃と同じく,0.2kg/cm^2くらい抜いた状態で走っており,おおむね良好です。
ですが,空気圧を下げたせいか,空気が抜けるのが早くて,気がつくと前後とも2.0kg/cm^2くらいまで下がってしまうことがあり,こまめなチェックがかかせません。
タイヤとホイールの相性が悪いのかなぁと心配する面も

天候や路面温度に応じて空気圧をコントロールするといわれるサーキット走行から見ればかなりいい加減かもしれませんが,面倒くさくない程度に楽しみたいので,ご容赦を。
何はともあれ,バイクとタイヤの組み合わせ&自分の乗り方を踏まえて,もう少し空気圧設定を模索したいと思います。

これだけ,小細工しておいて,結局規定圧力が一番よかったりして・・・


本日は,これにて終了です。
ではでは,みなさん無事故無検挙で楽しいバイクライフを!


にほんブログ村 バイクブログ ライディングテクニック・スクールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
空気圧
こんばんは、初書き込みです♪

自分も、最近バイクタイヤの空気圧に関して、考えて走るようになりました。

今のバイクで街乗りからサーキットまで幅広く使っているので、
今更、エアチェックの大事さに気付き始めました。

今まで、いろんなタイヤを履いてきましたが、一番感じたのは、
タイヤは「セッティングパーツ」なんだという事です。
たった0.1の差でも乗り心地が変わってきて、サーキットでは大きくタイムに影響してくるものなんだと…
↑タイヤによって、剛性が様々ですし、グリップ力やハンドリングの差に応じたチェックが必要だと思います。

タイヤは唯一、路面に接している部分として、
一番、奥が深くて侮れない部分なのかもしれませんね!!

自分もまだまだ、日々勉強中ですが!v-222v-356


長文、失礼します。
2010/12/02(木) 00:26 | URL | ごっちん #-[ 編集]
Re: 空気圧
ごっちんさん,こんばんは!
コメントありがとうございますv-411

> タイヤは「セッティングパーツ」なんだという事です。

そういう表現,なるほどって感じですね。
こまごました状況に合わせるのは難しいと思いますが,真夏と真冬とか極端な状況でのちょっとした調整ができるようにはなりたいですv-392

これからもライテクにつながるちょっとした工夫を探していきたいと思うので,見に来てもらえたら嬉しいです!

ではでは,またv-291
2010/12/02(木) 23:18 | URL | kyoki #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://crimsonlightning8.blog130.fc2.com/tb.php/17-db81fc65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。