赤い稲妻の8の字練習帳

スーパースポーツのライディングテクニック(峠やサーキットでの練習とか8の字練習とか)を磨くことで,安全運転を目指してます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生活や仕事のためにバイクに乗っている人でも,趣味でバイクで乗っている人にしても,バイクを操る技術(技能)はいずれにせよ「ライディングテクニック」(以下,ライテク)であり,そのスキル向上は安全運転につながるものと思っています。

とはいうものの,バイクに乗る目的によって,向上させたいライテクは細かい部分では異なってしまいます。
ビジネスバイクの人がわざわざハングオフで仕事をしないように(いや,もしかしたら広い世界ではそんな人がいるかもしれませんが趨勢を占めることはないでしょう ),方向性ってものがあるわけです。

今回はその方向性について,僕がどう模索?してきたかをお話ししたいと思います。

僕がバイクに乗り始めたのは大学生の頃。

で,そのあたりの僕の車歴は,

VFR400R ⇒ GPZ900R ⇒ CBR600F3 ⇒ CB1000SF

だったのですが,ツーリングがメインで,高速を飛ばしてみたり旅先での峠で頑張って走ることでおおむね満足していました。
とは言うものの,たまに抜かれたり置いて行かれたりするとくやしいわけで,がんばって追い付こうとしては「ヒヤリ」としたり「ハッと」したりとコケる一歩手前をよく経験しました。
(僕は,事故にあった経験は2~3回ありますが,運が良かったのか,峠とかで自爆したことがありませんでした)

このような経験は,初めのうちは仲間との笑い話で

「あそこのコーナーでアウトに膨らんで対向車線に出ちゃったよ~」とか
 ← 対向車がこないという悪運だけ

「コーナーの外側から視線が外せなくなって,危うくガードレールに突撃しちまうとこだったぁ」とか
 ← 運よく,地蔵状態から抜け出せただけ

「複合コーナーで曲がりきれないと思ったけど,気合いで走りぬけたぜ」とか
 ← バイクの性能に助けられただけ

とまあ自慢してますが,一歩間違えば大事故です

そこで,気合いと根性に頼らず,もっと「自信をもって」というか「安心感をもって」というか「余裕をもって」というか,っつーかバイクを上手に乗りたいという意識が高まるきっかけとなりました。
しかしながら,何をどうすれば上手くなれるのか,どういうテクニックを身につけたいのかよくわかりません。
仲間うちで速いと言われる人に聞いてもなかなか的確なアドバイスは得られず,悶々としていたところにバイク屋で勧められたのが,「グッドライダーミーティング」でした。

いわゆる「安全運転講習会」なるもので,免許センターのコースなどを借りて,低速バランスやバイクの挙動を自分のバイクで練習させてくれるイベントです。
内容的には,教習所で学ぶような内容に似ているのですが,普通に街中を走ると忘れてしまう低速でのバランスどり・急制動などを再確認&練習できること,自分のバイクで練習できること,最後には総合演習と称したショートコースを周回するという実践する場があるのがタメになりました。
費用は確か保険料として,100円かそこらを出すだけ,というコストパフォーマンスにも優れてます。

僕はこれを数回通うことで,バイクを操作する(コントロール下に置く)ということを体得し,前述の余裕をもった運転をすること,上手く乗ることに近づいたと思っています。

ただ,残念ながら,ツーリング先の道路や峠道を安全に走ることができるようになったものの,速く走り抜けることにはなかなかつながりません。

さて,どうしようか とライテク向上の方向に悩みはじめてしまいました。

そして,次にとった選択肢はというと・・・おっと,もうこんな時間です。
夜も遅うございますので,今回の話はここまでで,続きは次回に持ち越すことにします。

にほんブログ村 バイクブログ ライディングテクニック・スクールへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://crimsonlightning8.blog130.fc2.com/tb.php/2-ba57f185
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。