赤い稲妻の8の字練習帳

スーパースポーツのライディングテクニック(峠やサーキットでの練習とか8の字練習とか)を磨くことで,安全運転を目指してます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。kyokiです。
11月というと寒くてバイクに乗るのがおっくうになり始める時期なのですが,この間までは,ややもすると暑いくらいでホントおかしな気候だなぁと感じてます。
今年の夏は長かったので,その分,冬の期間が短くなってほしいもんです。
単純に冬が遅れて,春も遅れるというのは困ったもんですが。
そんな中,例会である野沢温泉ツーリングに行ってきました。

                     野沢温泉ツー111106_2_1


実のところ,仕事が忙しくって,週末に時間が取れないかも?と欠席を覚悟していたのですが,どうにか揉め事なく週末を迎えることができて無事参加できた次第です。
このツーリングは,大学時代の友人N氏と彼が勤めてる会社の同期が行くツーリングなんですが,就職して間もない頃にツーリング仲間がいないんだよねぇという話をしたところ,じゃあ来てみる?なんてお誘いいただいたご縁で毎年お邪魔してるツーリングなんです。
11月の第1週の週末に行くこのツーリングは気がつけば10年以上も続いてて,友人N氏とその同期のお友達のみなさんは実はもっとも長い付き合いのツーリング仲間だったりします(^^;
このツーリングを楽しみにしてるところは,いろいろありまして,

・榛名湖~草津~野沢温泉~長野と楽しい峠を満喫
 ← なかなかいいペースで走り抜けていきます。
・野沢温泉が気持ちイイ
 ← 熱い湯で有名なので,苦手な人もいるかもしれないけど,僕は意外と好きだったりします。
・定宿の飯がおいしい&ボリューム満点
 ← 夕食後は動く気がなくなるくらい腹一杯になります。ほぼ毎回馬刺しが出るのが嬉しい。
・異業種交流的なところ
 ← 社外の友人ってそんなに多くはないので,違った見方を知ることができてありがたい。
・野沢温泉村の地酒がおいしい
 ← 今年は野沢温泉湯情を試しました(もう1本呑んだのですが,名前を忘れてしまいました)。
   辛口でお酒らしいしっかりした味があり,おいしかったです。


というところですね!

さて,そんな楽しみにしていたツーリングですが,今年は例年と違って暖かい!
普段はオーバーパンツ+冬ジャケットフル装備だけど,革パンツ+冬ジャケット インナー抜きでOKでした。
暖かいということで紅葉時期が遅くなっていたようで,普段なら紅葉シーズンが終わっていてガラガラのはずの榛名湖そばの駐車場が,今回は車でいっぱい!
逆に言えば,いつもより暖かくって,走ってて気持ちいい。ところどころで渋滞にハマってしまうのはご愛敬

                     野沢温泉ツー111106_7_1

ちなみに主に走り抜けた峠は,晴れてた1日目が「県道33号(群馬県),R146,R292,R403」,雨に降られた2日目が「つまごいパノラマラインと国道をいくつか(^^;」。
← 2日目は雨天走行なので,あまり覚えがなかったりします。
つまごいパノラマラインは中高速のコーナーが続く峠で,晴れならばかなり楽しめるルートなので,雨天走行になってしまったのがとても残念です。
参加車両は,XL700V(TRANSALP),CBR600RR,CBR1000XX,NT700V(Deauville),GSX-R1000という多彩な顔ぶれ

              野沢温泉ツー111106_1_1 野沢温泉ツー111106_3_1

慣れた間柄というのもあって,全体の走行ペースは比較的速めです。特にリーダーのTRANSALPは雨でもいいペースで走るので,着いてくのが大変。
けど,CBR600RR,CBR1000XXの二人が速いのなんの。マイペースで走れるタイミングになると,コーナー1つか2つを抜けると見えなくなってます。。。おそるべしです。

さてさて,ツーリングではありますが,そこはやはりテーマを持って走ってきましたよー。
で,今回のテーマは,

・アプローチでの姿勢作り
・ブレーキリリース
・旋回~立ち上りにかけてのアクセルコントロール


です。

メンバー構成的に急かされない感じが良かったのか,比較的落ち着いて操作ができたと思います。
個々のポイントだと・・・

姿勢作りについては,昨今のイメージトレーニングが功を奏したのか,体をイン側の斜め前に滑りこませるように入れるような意識がうまくいったようで,フォームがコンパクトにまとまってキレイだねと誉められて浮かれる場面も
コンパクト,ということは動きが小さい?という見方もあり,もっと大きく動いた方がいいのかなぁとも思ったり。

ブレーキリリースでは,徐々にリリースしていくことがあまりうまくできなかったですね。
旋回に集中したいあまり,早めに手元をフリーにしたい意識があるのかもしれません。
一方で,ブレーキをかけながら(引きずりながら)の進入はそこそこできたのではないかと。
ただ,フロントとリアのどちらを先にリリースするかを悩んで,コーナーのアウトに寄り過ぎたときはヒヤリとしましたが。

アクセルコントロールでは,立ち上りにかけてアクセルを開けていくような操作が意識的にできてきた感じです。これは,Sportec M5との相性がいいこともポイントだと思いますね。
ただし,メリハリをつけて荷重をかけるようにすることがうまくできていないと思うので,しっかりアクセルを開ける・ブレーキングをする,という練習を重ねたいです。

気がつけば遅い時間になってしまったので,このへんでお開きにしたいと思います。
次回は,峠やら雨天走行をしたメッツラー Sportec M5の感触と,RX-7 RR5の長時間の使用感をお話ししたいと思います。
それでは,みなさん無事故無検挙で!

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://crimsonlightning8.blog130.fc2.com/tb.php/31-c1b440db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。