赤い稲妻の8の字練習帳

スーパースポーツのライディングテクニック(峠やサーキットでの練習とか8の字練習とか)を磨くことで,安全運転を目指してます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。kyokiです。
冬休みの宿題の完結編です。
整形に失敗し,平滑な面になるよう凹凸をパテで埋めるまでが前回までのお話。
いよいよ塗装・仕上げ作業です。

再度のパテ盛りをしたものの表面は多少荒れているので,まずは600番くらいの耐水ペーパーで面出しをします。

面出し
面出し作業後

それなりに平滑にはなったものの,やはり波打っているところを治すことができませんでした。
パテ盛りの段階できちんとヘラ等で形づくりができなかったのが,原因だと思われます(;_;)
どうしようか悩みましたが,「今回は練習だし」と割り切って,これ以上の補修作業はあきらめて塗装を行うことにします。
というわけで,再度脱脂洗浄して,プラサフを塗布します。

プラサフ再塗布
プラサフ再塗布後

前回と同様に4回に分けて塗り重ねました。
次は,ホワイト(正式名称はグラススプラッシュホワイト(カラーコードYBD);MCペインターの名称だとS55)を塗ります。
デイトナのMCペインターという缶スプレーですので,霧が細かくなるように湯せんをして吹き出し圧力を上げることにします。
あまり熱いと破裂するかもしれないとの情報を踏まえて,だいたい40~45℃くらいで湯せんします(塗装直前の10秒くらい)。
ここで,温度を適切に管理すべく,温度計を使います。
(というか,サーキット走行時にタイヤや路面温度を計測するために非接触温度計を購入したので,使いたかっただけ(^^;)

非接触温度計(A&Dカンパニー)

いまどきは,こんな小さな機械で温度が計れちゃうんですね。ちなみにお値段はネット通販で2,000円也。

で,ホワイトの塗装ですが,プラサフと同様に数回に分けて塗り重ねます。
今回の作業では,25~30cmほど離して,5回ほど塗り重ねました。各回のインターバルは5~10分程度にして,最後の塗布の直前のインターバルは30分ほどとります。

ホワイト塗布
ホワイト塗布後

乾燥時間として1時間ほどおいてから,次にパール(MCペインターの名称だとPB10)を塗ります。
前述のホワイトと同様に湯せんをしつつ,塗装します。ホワイトと同様に塗り重ねていきます。

パール塗布
パール塗布後

写真だとわかりずらいのですが,陽に当てるとちゃんとパールがかかっているのがわかります。
最後は塗膜保護のためのクリアーを塗るのですが,こちらは逆に塗膜が乾ききる前に塗る必要があるとのことから,30分程度待ってから作業にかかります。
こちらも上記同様に5回ほど塗り重ねます。

クリア塗布1 クリア塗布2 クリア塗布3
クリアー塗布後

これにて塗装作業は完了です。気が付けば1か月くらいかかってました。実働は2週間程度だと思いますが。
残念ながら,本来のホワイトの部分に比べて,若干グレーがかった感じになり,境界線がはっきりしてしまいました(--;
下地塗装としてのプラサフをグレーでなく,ホワイトを探すべきだったのかもしれません。。。

そして最後の仕上げとして,コンパウンドでの磨きを行います。
クリアーをかけたとは言え,手で触るとざらついているので,コンパウンドで磨いて表面が滑らかになるようにするわけです。

コンパウンド

コンパウンドの液をスポンジにつけて磨くという作業を数回繰り返します。
あんまり強く力をかけると,クリアーが剥げてしまうおそれもあるので,あまり力をかけずに何かをふき取るような感じで慎重に作業します。磨き終わったのがコチラ。

磨き終了
磨き終了後

特に変化はわからないかもしれませんが,それなりに滑らかな表面にはなりました。

で,磨き終わったら,組み付けです。
実はここでまたもや問題が。。。
このサイドカウルは,いくつかのパーツで構成されているのですが,今回の作業の邪魔になるので外していました。
これらのパーツの組み合わせが複雑なパズルのようになっておりまして,少し力をかけて曲げながらハメ込んだりしていたら,

パキッ

という嫌な音とともに亀裂が入ってしまいました(ToT)

組み付け後
カウル組み付け後

さすがにここからまたやり直す根性はなく,「ま,いっか」と寛大な心で受け止めることにしました。


少々(いや,かなり)粗が目立つ補修となってしまいましたが,初めてのチャレンジにしてはそれなりの出来だと思うことにします(^^;
(これを世間では,負け惜しみといいます)

本日のお話はこれにて終了です。
次回は,今年の走り初め in 梨本塾の巻です。
それでは,みなさん無事故無検挙で楽しいバイクライフを!

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こちらでは初めまして。昨日はお疲れ様でした。
手間が掛かる作業を自分でやろうとしたことが素晴らしい!ナイスです!!
塾のレポも楽しみにしてます。ではまたお会いしたらよろしくです。
2013/01/28(月) 12:45 | URL | azuki #-[ 編集]
こんばんは。
自家塗装はやはり大変なんですね。
組み上げてからの『パキッ』はショックですよね(T_T)

走り初めの記事も楽しみにしてます。
2013/01/28(月) 23:12 | URL | alter #-[ 編集]
おつかれさまです
azukiさん

コメントありがとうです。
パテ補修&塗装は大変でしたが,イイ経験になりました!
もうちょっと補修対象物が小さいとプラモデル感覚で楽しみながら作業できるかもしれません(^^;
塾レポは,記憶が新しいうちにupしたいと思いますので,また見に来てくださいませ。
ではでは,次なる絶好調ぶりを拝見できるのを楽しみにしてます。
2013/01/30(水) 01:42 | URL | kyoki #-[ 編集]
夜分失礼します。
alterさん

初めてということもあり,自家塗装は大変でした。
素人だと作業場確保に苦労してしまうというのも課題ですね。
それこそ,換気設備がある屋内で作業できればいいんですが,そうなると工房ですな(^^;

走り初め記事は早めにupしようと思うので,ぜひまたお越しください!
2013/01/30(水) 01:48 | URL | kyoki #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://crimsonlightning8.blog130.fc2.com/tb.php/59-1e477f0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。