赤い稲妻の8の字練習帳

スーパースポーツのライディングテクニック(峠やサーキットでの練習とか8の字練習とか)を磨くことで,安全運転を目指してます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。kyokiです。
先日の予告通り,2013年の走り初めのお話です。
12月の梨本塾に参加して以来,エンジンもかけずお休み状態。
定期的に練習しとかないとイカンなぁとは思ってるんですが,トミンで練習したくとも,現状の自分のラップタイムで週末に走るのはレベル差がありすぎて危険だし。
できれば台数が少なそうな平日で走りたいのですが,なかなか時間がとれず,気が付けば月末の梨本塾の時期となっていました(--;
というわけで,2013年の走り初めは梨本塾とあいなりました。

1301梨本塾_01

移動の道中は手が痛くなるくらい寒かったのですが,現地についてみると,風がなければ陽が出てて暖かい!
12月の極寒梨本塾に比べれば,まだマシってものです(^o^)/
さて,2013年一発目の塾での練習テーマは・・・

①前乗り回避
②アクセル&ブレーキコントロール

 ⇒ 直線で大きく加速して,コーナ進入で丁寧にしっかり減速
 ⇒ 車体を起こしながらスロットルON!(ただし,開け始めは慎重に)
 ⇒ ブレーキを一瞬でリリースしない(前輪への荷重をすぐに抜かない)
③フォーム
 ⇒ 身体を先にコーナーに入れる(早めの姿勢作りにも留意)
 ⇒ コーナー出口に向けて頭を身体を向ける
 ⇒ 上半身を車上に残さない
④アプローチ
 ⇒ インづきが早くならないように注意
 ⇒ イン側ステップに荷重をかけて(踏み込んで)倒しこむ


ということで,前回の梨本塾でのテーマと同様です(^^;

【準備関係】
サスセッティングについては,12月の極寒時から状況はあまり変わらないと判断し,特に調整せず。
空気圧は,Front 1.90 kgf/cm^2,Rear 1.95 kgf/cm^2(冷間)としました。
そして,今回からは非接触温度計を導入したので,路面温度(といってもパドックまわりですが)やタイヤも測定していきます。

【1走目】一番時計 34秒92(ラップタイマー)
・温度-路面;5.4℃,タイヤ走行前 F;8.4℃ R;7.8℃,走行後 F;39.0℃ R;43.8℃
・路面温度が低いとのアナウンスがあったことから,様子を見ながら走行。
 膝スリするほどのペースだったけれども,タイムは思ったほどではなかった。
・②の「大きく加速」ができていない感じ。もう少し加減速のメリハリをつけたい。

1301梨本塾_02

【2走目】一番時計 33秒68(ラップタイマー)
・2走目に入る前に,スペシャルゲストの芹沢さんの座学を受講。タイヤの温め方やその重要性についてレクチャーしていただく。
 ポイントは「感じること」と「あとで思い出せる走りをすること」。
 話をされている雰囲気や質問に答えるときの様子は,自分たちのようなアマチュアライダーを気遣うところがうかがえて,ありがたい限りでした。きさくに話をしてくださる方で,塾の最中での質問にも丁寧に回答いただきました。感謝ですm(_ _)m
・温度-路面;16.4℃,タイヤ走行前 測定忘れ,走行後 F;33.4℃ R;45.0℃
・バックストレートとメインストレートで,少しでも大きく加速できるようになったためか,少しタイムup!
・最終立ち上がりでフロントが若干軽く感じるなることがあった。パワーをかけられるようになってきた証拠?

1301梨本塾_03

【3走目(タイムアタック)】一番時計 33秒601(公式);33秒51(ラップタイマー)
・温度-路面;10.0℃,タイヤ走行前 F;12.4℃ R;38.6℃,走行後 F;34.4℃ R;43.2℃
 ⇒ 陽があたるリアタイヤは,想像以上に温度が上がっててびっくり。天然のタイヤウォーマーか?
・タイヤの空気圧について,2走目走行後の温間で前後とも2.1kgf/cm^2になるよう調整。
・④がうまく意識してできなかったこともあり,ラインどりが安定していなかった気がする。
・一方で,②について,立ち上がりで(少しずつ)アクセルオンができてところがあった。
・③は意識して動くことができたと思う。後ろ乗りができていると認識できる点が多くなってきた気がする。

1301梨本塾_04

【4走目(K-RUN-GP)】一番時計 32秒99(ラップタイマー)
・温度-路面;11.2℃,タイヤ走行前 F;10.0℃ R;37.4℃,走行後 F;27.6℃ R;37.8℃
・③に関連して,身体をちゃんと外に向けられたときとそうでないときの違いが分かるようになってきた。
 フォームというか身体の動かし方がバイクにどういう挙動を与えているかを認識できるきっかけになるといいと思う。
・④について,アプローチ時に減速し過ぎてしまい,コーナー途中でギクシャクしてしまうところがあった。
・一方で,そこそこ?の速度で進入できたときは,うまく立ち上がりにつなげることができた。これは塾長アドバイスのおかげかと。
・インを閉めきれなかったか,直線での加速が足りなかったか,3コーナーでイン側からNSRに差し込まれて,その後追いつくことができなかった。
・結局のところ,順位はDクラス4位・・・ですが,なんとベストタイムを更新し,初めて33秒を切ることができた! うれしー。

1301梨本塾_05

【5走目】一番時計 32秒97(ラップタイマー)
・温度-路面;11.0℃,タイヤ走行前 F;22.0℃ R;25.4℃,走行後 F;29.4℃ R;34.6℃
・タイヤが温まってきて,グリップが変わってくるという感触がわかったポイントが何度かあった。
 こういう感覚を磨いていきたい。
・33秒を切って周回できたのが何度かあった。そして,もう少しだけベストを更新!

1301梨本塾_06


何はともあれ,無事に走り初め完了です!(^o^)/
まだまだ初心者なタイムですが,少しでもベストタイムを更新できたのはうれしい限りです。
これから暖かくなって走りやすくなってくるはずなので,調子を上げていきたいですね。


本日のお話はこれにて終了です。
それでは,みなさん無事故無検挙で楽しいバイクライフを!

にほんブログ村 バイクブログ ライディングテクニック・スクールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
上半身を車上に残さない

これ悩んでたんですよね
やはり残さないほうがいいのか~

33秒切り
おめでとうございます
今後もがんばってください
2013/02/10(日) 19:07 | URL | KS☆34 #-[ 編集]
ありがとうございます
KS☆34さん

こんばんは。
「上半身を残さない」ですが,特に僕の場合はコーナーに入るときにイン側の肩が上がっていつつもヒザを出すので,後ろから見ると「く」の字のようになっちゃうので,上半身を残さないような意識づけをしてます。
(あんまりやりすぎると,オフセット量が多くなるので,それはそれでよくないようです)

> 33秒切り
> おめでとうございます

ありがとうございます! 焦らずに少しずつでもレベルを上げていきたいと思います。
(伸び代がある方が長く楽しめると思うことにしてます(^^;)
2013/02/11(月) 00:44 | URL | kyoki #-[ 編集]
ベスト更新おめでとうございます!
やりましたね!

タイムは気にせず週末も走ったらいいんじゃないでしょうか?去年の今頃の僕は38秒ぐらいで走ってましたよ。
速い人に勝手に抜いてもらえばいいのです。周りは気にせず行きましょう。

またトミンでお会いしましょう!
2013/02/11(月) 11:32 | URL | azuki #-[ 編集]
ベスト更新おめでとうございます。

色々考えてラィデイングされているんですね。
私は雰囲気で乗ってしまうので、大変勉強になります。

ちなみに、タイヤや路面温度はどうやって測ってるんですか?
2013/02/11(月) 11:34 | URL | alter #VWFaYlLU[ 編集]
まずは「やってみる」ですね
azukiさん

こんばんは! おめでとうコメントありがとうです。
タイムを気にせず週末練習をしてこそのスキルアップってところなんでしょうね。
がんばって走ってみることにします。
トミンで再会したら,こちらこそよろしくですm(_ _)m
2013/02/12(火) 00:05 | URL | kyoki #-[ 編集]
温度計測は・・・
alterさん

おめでとうコメントありがとうです!
少しずつでもベスト更新ができるのはうれしいもんです。
で,温度計測ですが,非接触式温度計というレーザーポインターみたいな温度計を使ってます。
お値段は安いもので,2,000円くらいで買えますよ@楽天

2013/02/12(火) 00:08 | URL | kyoki #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/03/17(日) 19:00 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://crimsonlightning8.blog130.fc2.com/tb.php/60-fbd22988
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。